100-101 200-101 101-400 300-085 Test For Cisco, Offer 300-085 Dumps - National Woman's Party og0-093 70-410 70-483 exam 2v0-621 dump nse4 exam 1z0-434 pdf 9l0-012 pdf 101-400 exam 300-085 dump ACSM-Certification 010-111 Dumps - Voorhees Town Center mb6-700 700-270 600-455 600-460 1z0-533 Testking Oracle Exam Questions 9l0-012 101-400 300-085 og0-093 1z0-061 70-488 1z0-062
74-335 C_HANATEC131
Parajumpers sale www.airbrushhenk.nl Parajumpers sale http://www.unifem.ch canada goose sale Canada Goose jas http://www.canadagooseoutlets.be https://www.gasinc.nl

【東京】カリスマ日本語教師笈川先生に聞く!海外人材との向き合い方セミナー

本講座の対象

海外人材の採用を検討されている企業の社長、人事部長、採用担当者様
新しい採用方法を検討されている新卒採用ご担当者様

セミナー概要

【中国人はワガママですぐ辞める…それ、もしかしたら自社に原因があるかもしません】
 
求人倍率はバブル期並を記録。人口減少する中で、ますます人材の獲得競争は熾烈になってきています。その中で、海外人材の採用、特に中国を始めとしたアジアの人材獲得に興味を持たれている方も多いのではないでしょうか。寧ろ、海外からの人材を受け入れ活用していくことはこれからの日本企業が必ず直面する課題とも言えます。
 
人材の獲得もさることながら、皆様が頭を抱えるのが、
 ・どうやって育てたらいいのか?
 ・自社の文化に馴染むのだろうか?
 ・少し仕事を覚えたらすぐに辞めてしまうのではないだろうか?
といった問題ではないでしょうか。

実際に、連日新聞では外国籍の人材活用の難しさや失敗事例などが紙面を賑わせます。この混迷の時代に、どうしたら国籍や文化・価値観の異なる海外人材を獲得し、活躍へと導くことができるのか。

今回は、中国でカリスマ日本語講師として活躍されている笈川幸司氏をゲストスピーカーにお招きし、中国人学生の事例を基に、なぜ日本企業と外国籍社員の間にすれ違いが起こってしまうのか、どう解決すべきか、具体的な事例を交えてお話しします。

新しい人材の獲得や活用に興味をお持ちの皆様、外国籍人材の活用にお困りの皆様、ぜひ奮ってご参加ください。

開催概要

東京開催

開催日程

  • 2017年11月21日(火)10:00~12:00 お申し込み

会場

株式会社トライアンフ 本社

定員

30名

参加料金

無料

講師プロフィール

■ 講師 :カリスマ日本語講師 笈川 幸司 氏

1970年埼玉県所沢市生まれ。北京日本語学研究センター言語コース卒業、日本言語学修士。衆議院議員公設秘書、漫才師を経て、中国における日本語教育に携わる。日本語学習サロンJASLON代表。2001年中国北京で日本語教育に携わり、清華大学・北京大学で10年間教鞭を取る。

その後、日本大使館後援の下「日本語講演マラソン」をスタートし、これまで91都市324大学で「日本語学習法」をテーマに講演会を実施する。著書は「笈川日本語教科書シリーズ」(2009大連理工大学出版社)。

2010年にベストセラー賞を受賞する。2016年度外務大臣「中国における日本語教育の推進」個人表彰を受賞。平成28年夏には11カ国で講演。日本語を勉強している中国人学生の間でカリスマ的な存在に。


■ 講師 : 株式会社トライアンフ 執行役員 南里 雄太朗 氏

2008年入社 組織コンサルティング事業など複数部署での経験を経て、2012年熊本BPOセンター設立時に立上げメンバーとして赴任。センター全体の組織運営をしつつ、人事・労務関連事業のリーダーを務める。2015年帰任後は、採用ソリューション本部に異動。顧客へのソリューションを提供しつつ、熊本・恵比寿双方の部署を統括する。本年度から自社の新卒・中途採用責任者を兼任。自身も中国人の部下を育成中。

プログラム

I. ゲストスピーカー紹介

II. 日本の新卒採用マーケットの現状と傾向

III. 中国人学生の実態

IV. どのように企業の魅力を伝えるか

V. 外国籍人材の受け入れのために企業が準備すべきこと

VI. 外国籍人材の採用手法

VII. 質問応答